亀頭増大術は単体で受けることが可能ですが、他の施術と一緒に受けることもできます。亀頭増大術の目的はあくまで亀頭を大きくすることです。陰茎を長くしたい場合は長茎術、陰茎全体を大きくするなら陰茎増大術、包茎を解消するなら包茎手術が役立ちます。陰茎のバランスは生まれ持ってベストな状態の人は多くはありません。

だからこそ大人になってからコンプレックスを感じる人が多いのです。亀頭増大術を受ける前には麻酔をするので痛みの心配はありません。近年は高度な麻酔が使用されており、痛みは最小限に抑えられています。無痛麻酔を強みにしているクリニックなら、痛みは基本的にゼロだと考えてください。

陰茎は非常にデリケートだからこそ、痛くないクリニックを選ぶことが大切です。亀頭が大きくなればカリが発達するので、挿入時に引っかかりを得られるのです。これが女性を喜ばせるポイントで、女性の感度を数倍に高められます。陰茎の形状やサイズよりもテクが大事と考える男性は多いですが、同じテクならば亀頭は大きいほうが女性に強い快感を与えられます。

亀頭増大術と包茎手術を同時に受ける方は多く、包皮を剥ける状態にできるでしょう。包皮がうまく剥けない状態を放置しておくと、恥垢が溜まって不衛生になります。恥垢を蓄積させないためには、毎日1回の洗浄が必要になります。亀頭増大術と包茎手術を受けておけば、亀頭を空気に触れさせることが可能になり、亀頭包皮炎の予防が可能になるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *