AGAの症状に悩まされている男性は、日本国中に数多くいると考えられています。若い年齢のうちから薄毛が進行してしまうAGAは、世界的に原因が解明されていると言えますので、専用の治療薬が開発されていて、日本でも処方を受けることができます。男性型脱毛症の改善を行えるAGA治療薬として、有名なものにはプロペシアがあります。AGAの場合には男性ホルモンの影響によって、ヘアサイクルが短くなってしまう特徴がありますが、プロペシアは抜け毛の原因を作ってしまう5αリダクターゼの働きを抑制させる効果があるために、AGA治療薬として高い効果を発揮することができます。

世界的にプロペシアを服用することによって、抜毛や薄毛の症状が改善したという報告が数多くありますが、その効果に関しては個人差があると言えます。プロペシアの効果としては、後退が始まっていた生え際に産毛が生えたという報告が最も多く、劇的に髪の毛が生えてくることを期待できるというわけではありません。また、プロペシアはAGA治療薬で医薬品となりますので、一定の副作用を発症するリスクがあります。代表的な副作用といしては、性欲の減退や乳房の肥大、肝機能障害などを挙げることができます。

発生頻度としては、性欲の減退を発症した人の割合は1%から5%未満、勃起不全の症状を発症した人は1%未満、乳房の肥大や肝機能障害に関しては日本国内での発症頻度は不明となっています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *