成人男性が発症しやすい薄毛の多くの原因は、男性型脱毛症であるAGAであると言われています。海外で開発された医薬品として、AGA治療薬であるプロペシアというものがあって、日本においても厚生労働省によって認可を受けている医薬品ですので認知度が高まっています。プロペシアはAGA治療薬で、主成分としてフィナステリドが配合されており、1997年より薄毛の治療に効果があることが世界的に認められ、日本では2005年から発売が始まっています。フィナステリドは元来では前立腺肥大症の治療薬として開発されたものでしたが、使用をしていくうちに発毛効果の副作用が認められたために、現在ではAGA治療薬としての処方も行われています。

プロペシアは有効性の高い医薬品ですが、一般的なドラッグストアなどで市販されている種類のものではありませんので、薄毛治療が受けられる専門的な医療機関を受診することで、医師に処方してもらう形で購入が可能です。近年では薄毛外来など、AGAを専門的に診療している医療機関も登場していますので、プロペシアをはじめとしていくつかのAGA治療薬や、様々な育毛効果があると考えられる治療法を試すことができます。薄毛の症状は個人差があるものと言えますので、積極的に治療を行いたいのであれば専門的な医療機関を受診するほうが、自分に適した治療法が見つけられる可能性が広がります。AGA治療薬に関しては、インターネット通販での販売も行われていますが、海外医薬品の場合には偽造品である可能性もあるために、個人輸入によって使用を行ったときには自己責任による使用になることを把握しておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *