包茎は遺伝によるものが多いといわれているのですが、これは親から個性として受け継いだ遺伝子により陰茎の先端部の鬼頭を保護する包皮が多く、陰茎および包皮のバランスが悪くて勃起したときに鬼頭がむき出しにならない状態です。基本的には、この包皮を切除して鬼頭が露出できるようにするのが包茎手術ですが、糖尿病の患者さんは包茎手術ができないといいます。また、包茎は先天的なものが多いのですが、中には生活習慣病の一つでもある糖尿病が包茎を引き超すこともあるといいます。活性酸素は体をサビさせる物質といわれているのですが、これは体が酸化することを意味します。

体の中の糖化が進行することを体が焦げたといいますが、焼き菓子の表面がきつね色に焦げた状態などからもAGEsが蓄積している皮膚はたるみやごわつきが目立って肌の表面は乾燥しやすくなる、弾力が損なわれることになります。生活習慣病の原因とされる糖化は、改善されなければ糖尿病になる、この疾患の症状の一つでもある肌の乾燥や痒みは血液の流れが悪くなることが原因です。男性の場合は、亀頭や陰茎を包んでいる包皮にも影響を与えます。高血糖の場合は動脈硬化により血流が悪くなるので包皮に必要な栄養や酸素が行かなくなる、包皮は栄養不足になって炎症を引き起こして糖尿病性包皮炎を生じる、乾燥してカサカサになっている包皮は亀裂が生じるといいます。

一般的な外科では包茎手術ができない、断れてしまうこともあるようですが包茎専門クリニックなら包茎手術ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *