包茎手術といえば、一般的には健康な人が受けることが多いものですが一方で包茎になる理由の一つとして糖尿があります。包茎になる原因には個性として受け継いだ遺伝子によるものが多く、この場合には包皮の量が多いために起こるものです。その一方で遺伝的な理由だけでなく環境的な理由で起こることもあり、その一つが生活習慣病である糖尿といわれます。糖尿が包茎に影響を与えるというものとしては、肌のターンオーバーのサイクルが衰えてしまい弾力性が失われてしまうことや、また血管が硬くなることによって勃起する力が弱まり包茎となってしまうケースが考えられるものです。

単に勃起できない、包茎の状態のままであるというのは日常生活にはそれほど大きな影響を与えるものではありませんが、ペニスの新陳代謝そのものが衰えることにより炎症を起こすというリスクも高くなりますから、あまり好ましいものではありません。いずれにしても年齢とともに衰えていくのが性機能で、これは男性も同様で努力しなければ維持することはできません。一方である程度進んでしまえばそれを取り戻すには多大な労力が必要ですし、時間もかかってしまいます。包茎手術を行ってこれらを改善することは可能ですし、また包茎が原因によって炎症が起こりやすい状態となれば治療として包茎手術を行うのも行われるものです。

ただ重度の糖尿病の場合には手術のリスクも高いことを留意する必要がありますが、いわゆる包茎手術専門のクリニックであれば状態を改善することができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *