包茎の原因の多くは遺伝によって亀頭を覆う包皮の量が多くなり、陰茎の長さに対してと包皮が長くなりすぎてしまうために起こります。完全に亀頭が包皮に隠れてしまう場合もあれば、少しだけ亀頭が顔を出す場合もあります。前者は真性包茎と呼ばれ、後者は仮性包茎と呼ばれます。この遺伝が原因による包茎以外に、生活習慣病が原因で包茎になる場合があるのをご存知でしょうか。

これを糖尿病性包茎と言います。糖尿病は血液中の糖の量が多くなってしまう病気ですが、これにより血液の流れが悪くなり、肌が乾燥したり痒くなったりします。この影響が包皮にも及んでしまうのです。その結果、包皮は栄養不足の状態に陥り、糖尿病性包皮炎を発症させる原因となってしまいます。

これを避けるためにも、まず生活習慣を改善し糖尿病を治療する必要があります。包茎問題だけでなく、糖尿病には深刻な合併症を伴うことが多いので、そのまま放置するわけにはいきません。すぐに内科を受診する必要があります。その上で、思い切って包茎手術を受けることをおすすめします。

包茎は亀頭部分や包皮の部分に細菌が溜まり炎症を起こしやすくなります。余分な包皮は必要のないものなので包茎手術で切ってしまっても問題は何もありません。デリケートな部分の手術なので勇気もいりますが、包茎手術自体はそれほど難しいものではなく、2時間程度で終了します。経験豊富で実績のあるクリニックで手術を受ければ安心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *