包茎手術は、通常であれば短時間で終了するわりと簡単な手術になります。入院する必要もありませんし、手術時間もたいて1時間~2時間もあれば終わってしまうでしょう。手術直後はなるべく安静にしておいた方がいいですが、べつに仕事や学校に行ってもかまいません。包茎手術は成人男性であれば基本的に誰でも受けることができます。

ただし、糖尿病を患っている場合は包茎手術ができな場合があります。なぜかといえば、この病気の人の場合、手術をしたところが化膿する可能性が高くなったり、傷口がうまく癒合できなかったりすることがあるからです。そのため、健常な人にくらべて糖尿病患者の手術はちょっと難しくなってしまうことがあり、それが理由で手術を断られてしまうケースがあります。そういう場合は、まず糖尿病をしっかりと改善するようにするといいかもしれません。

この病気は、体の血管にダメージを与えるため、体の様々な箇所に不調が出てきますし、最悪の場合は足を切断したり失明したりする可能性もある危険なものです。生活習慣を改善して早急に治療した方がいいでしょう。とにかく早く包茎をなんとかしたい場合は、糖尿患者でも手術をしてくれるクリニックを見つけて相談してみるといいかもしれません。包茎専門のクリニックの中には、糖尿病を患っている人でも受け入れて包茎手術をしてくれるところが存在します。

ふつうの手術よりも高度なテクニックが求められるので料金は多少高くなるかもしれませんが、手術はやってもらえる可能性が高いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *