男性のデリケートな悩みの一つに包茎があります。ペニスの亀頭部分が包皮で覆われた状態で、子どものペニスのような感じで恥ずかしく思っている人が少なくありません。包茎は見栄えが悪くて恥ずかしいだけで実害がないのなら良いのですが、実はそれだけではおさまりません。亀頭と包皮の間が不潔になりやすいために細菌が繁殖しやすくなるので、包皮炎などの皮膚病を発症するリスクが高くなってしまうのです。

包皮炎を発症すると痒みや痛みに悩まされるようになり、白い膿が出てくることもあります。パートナーにも感染させてしまう恐れもあるので注意が必要です。包茎には、大きく仮性包茎と真性包茎に分けることができます。前者は平常時は包皮に覆われた亀頭も、勃起時には剥けて亀頭が顔を出します。

また平常時でも手で包皮を剥くことができます。ところが、後者は勃起しても包皮が剥けず、平常時に手で無理やり剥こうと思っても痛くてできません。横浜のクリニックでは包茎手術を行っています。特に真性包茎は手術の必要があり、横浜のクリニックで行われている包茎手術の種類によっては、保険を使って安く行うことも可能です。

仮性包茎もできることなら手術をして、いつもクリーンな状態にしておくほうが良いでしょう。ただ保険が適用されない自由診療となるために、手術代を安く抑えたい場合は横浜の複数のクリニックで包茎手術の費用を比較してみることをおすすめします。手術時間は1時間半から2時間程度です。横浜で包茎手術のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *