包茎手術と一口に言っても様々な種類があるということはしっかりと押さえておきましょう。そして自分がどれくらい深刻になっているのかといったことを、きちんと把握しておいた方が、クリニック選びなどがスムーズに進められますまで後それぞれ治療法などが異なりますし料金なども変わってきますので、よくその点について把握しておくことが大切です。実際に行く前に自分がどういったタイプであるのかといったことはよく把握しておく必要があります。一口に糖尿による包茎といっても様々なタイプがあるのです。

主に包茎手術が必要なのは3種類ありますが、真性と仮性それからカントンの三つのタイプです。真性のタイプであるとほうきの先が非常に狭いためいくら手を使っても向くことができない状態です。そのような時であっても向くことができず糖尿による歳をとるごとにその包皮と亀頭がくっついてしまって、はがれなくなるまるといった危険があります。何しろ常に包まれている状態ですので、糖尿で湿気などがこもりやすく、ばい菌が溜まってしまうといった危険があり、こちらは病気と判断され包茎手術するタイプになります。

仮性タイプであれば基本的に手を使えばむくことはできるものの、包皮の量が非常に多いため手を離すと元に戻ってしまうというような状態です。カントンタイプというのはその中間に位置するタイプであり、やはり亀頭の先が狭いため、勃起時など大きくなっているような時には向くことができないタイプです。かわのつっぱりなどを感じることがあり、性交渉などの際にトラブルになりがちですし、痛みなどを伴う危険性もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *