亀頭が皮を被ったままの状態である包茎は、そのまま放置をしておくと悪臭を放ちますし、下半身が不衛生な状態になってしまうだけでなく性病の原因にもなるため、専門の医療機関で早めに治療を済ませることが大切です。しかし泌尿器気に持病があったり、現在糖尿病の気がある場合には包茎手術を依頼しても断られてしまうのではないかと不安に感じる人も多いと考えられるわけですが、実際のところ、糖尿病を患っている場合には包茎手術を受けることは可能なのでしょうか。結論から申し上げますと、糖尿病を患っている場合であっても基本的には問題なく包茎手術を受けることができます。包茎手術は余分な皮を施術する外科的な要素の強い手術であるため、糖尿病のような内科の持病があっても関係なく治療ができるのです。

糖尿病に限らず他の生活習慣病を患っていたり持病がある場合でも手術は基本的に可能なので、気になる点がある場合や持病がある場合には包茎手術の前に執刀医に相談しておくと安心です。なお継続的に服用している薬などがある場合にも事前に医師への相談が必要ですし、お薬手帳などがあればそれを持参して医師に確認してもらうことでより安心・安全に治療ができます。基本的に優良なクリニックではいきなり治療を始めるのではなく、事前に担当医によるカウンセリングが行われます。カウンセリングの際には遠慮なく気になる点や、質問したいことを訊いておくことで納得のできる治療ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *